-- KAI 選手から [総監督] の立場を引き継いで、大和選手が 2 代目 [総監督] として臨んだ初の【 Starting Point (第 9 回)】が先月( 6 月)の 20 日(土)に行われました。あれから 1 か月が経過した今、その第 9 回大会を振り返ってみて大和 [総監督] が思うことはどのようなことでしょうか?

大和ヒロシ[総監督] :
あれ(第 9 回大会)が新しくなった【 Starting Point 】の [ Starting Point(出発点、起点)] って感じですかね。前回が本当に [原点] だと思いますので、あの形を上手いこと続けながらそこにこれからプラスアルファで色々と盛り込んでいって、そして自分が [総監督]  を務める「らしさ」を出していきたいと思ってます。そういう「らしさ」の中で、自分がこれまでやってきた千葉での大会っていうのは色んな方に関わっていただいて、一緒に作り上げていって、それででき上がった大会が多かったので、これからの【 Starting Point 】もそういった形をとっていきたいなと思ってますね。その中で更に道場マッチ( Starting Point )の良さ、選手と観客の皆様の距離の近さというのがあると思うので、ただ距離が近いだけではなく、もっとお客様がその中に関わっていけるようなイベントなり企画なりを盛り込んでいって大会を作っていきたいと思ってます。

--大和 [総監督] として臨む 2 度目の【 Starting Point 】が明日( 23 日/土)に開催されますが(第 10 回)、明日の大会の見所等をお話しできる範囲でお願いします。

大和ヒロシ [総監督] :
そうですね。やっぱり色んな人と一緒に作り上げていく大会なので、その「色んな人」の中には出場する選手たちも入っているんですよね。その選手たちに色々と意見を出してもらって、それで始めたこととかもあります。例えば明日の大会で言えばプロレス教室。このプロレス教室は自分のアイデアと言うよりも出場する選手からの提案で、それを早速取り入れて明日の大会に反映させました。その他にもこれまで【 Starting Point 】に出場したことの無い選手にも出ていただけるよう働きかけたりしましたので、明日の大会はこれまでのメンバーとはまた違う選手の出場があるかも知れない。そこも見所だと思います。

--では、明日の【 Starting Point 】を楽しみにしていらっしゃる皆様へ、大和 [総監督] からメッセージをお願いします。

大和ヒロシ [総監督] :
前回(第 9 回)の【 Starting Point 】をご覧いただいた方には「そこから進めたんだ」っていうものをご覧いただけると思いますし、明日が初めての観戦になる方にも勿論楽しめる大会になるよう準備をしています。ただの道場マッチで終わらせないで、本当に一つの大会として観ていただけるものをご用意しましたので、是非会場に足を運んでご観戦いただければと思います!

7 月 23 日(土)開催、第 10 回『 WRESTLE-1 Starting Point 』の詳細はこちら!

W-1 Starting Point 大和ヒロシ[総監督]インタビュー